医師会

沿革

事   項
1908年杵島医師会創設
1920年医師会令施行により杵島郡医師会設立
1942年医師会令改正により佐賀県医師会杵島郡支部となる
1950年医道の昂揚、医学医術の進歩発達普及と公衆衛生の向上を図り社会福祉を増進することを目的に8自治体地区(現武雄市、杵島郡山内町、北方町、大町町、江北町、白石町、福富町、有明町)により社団法人杵島郡医師会を設立した。その後、名称を社団法人武雄杵島地区医師会に改め目的達成の為に順次つぎの事業を行っている。
1964年付属准看護学院(後 看護婦養成所として武雄看護学校となる)開設
1975年看護科併設
1987年検診センター設立
1996年訪問看護ステーション設立
2000年指定居宅介護支援事業所設立
2013年新公益法人法の施行に伴い、一般社団法人に移行

役員

役   職氏   名
会   長太田 光博
副 会 長戸原 震一
溝口 克弘
理   事持田 和幸
楢﨑 史彦
松本 洋二
森   徹
谷口  亮
藤瀬 剛弘
草野謙一郎
坂本  章
野口  智
田中 雅博
森  倫人
沖田 光紀
重村  剛
有島 宏明
監   事田中 裕幸
中房 淳司
議   長小野 辰也
副 議 長白濵 盛久